2009年05月28日

リーブマンのサイト...

我が心の師匠?デイブリーブマンのサイトです。
http://www.daveliebman.com/

2009年のマスタークラスの告知がありますが...英語が出来ないと無理ですね。
例の「A Chromatic Approach to Jazz Harmony and Melody」を参考にするみたいです。

若くしてプロを目指す人達には、是非チャレンジして欲しいと思います。
「Price: $850 Including room and board」とありますから、格安です!!

一番のメリットは、自分のレベルを客観的に知る事が出来るという事です。
残念ながら日本に居ては、本当の意味において自分のレベルを知る事は難しいですね。
特に名古屋では...(汗

他方ミュージシャン同士のコネクションは、とても重要なものです。
これも、やはり向こうに行かないと不可能な事です。

ただ行けば良い、という訳ではないですが...

将来は、当スクールでもこのようなマスタークラスを開催したいです...
NOVA BOSSA NOVAで一緒だった、ジョーフォードやボブミンツァー、ギレーンやクラウディオ達が来てくれないかぁ...と、淡い期待をしています。

やはりこのコネクションは、一生の宝ですね。

という訳で...明日は「電化HALOHALO」のライブやります。
詳しくは「HALOHALO」のブログにて...
http://halohalogakudan.seesaa.net/


posted by ハロハロ at 03:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

只今,修行中につき...

今、生徒さんの一人がロスで修行中です。
お金がなくなったら帰ってきます、と言い残し...

更に一人...「来年にでもニューヨークに行きたい!」という生徒さんが...
何でも向こうのジャズスクールに入学したい、との事です。

昨今は、海外のジャズスクールに行くだけであれば、特に珍しい事でもありません。
要は、卒業した後ですね。

彼女の場合は、ニューヨークに拠点を移す為の足がかりとして考えているようです。
色々なコネクションをつくる為にスクールに通う...というのは、一つの選択だと思います。

現地でバイトしながら...という方法もありますが、多くの場合は生活に追われてしまう結果となるようです。
それならば、わざわざ異国に地に赴く事もありません。

やはり「何を知っているか?」よりも「誰を知っているか?」或いは「誰と何をやって来たか?」が重要になってきます。
ミュージシャンにとっては、それがその人の履歴書代わりになります。

実は?!...スクールには、他にもニューヨークを目指している生徒さんが何名か居ます。
皆さん、それぞれ長期的なプランを立てつつ、それぞれの道を歩もうとしています。

自分の可能性に挑戦する...良いですね。
皆さん、頑張って自らの道を切り開いて行って欲しいと思います。

スクールとして、個人として、彼等を最大限にバックアップしていきたいと思います。

僕自身も、まだまだ頑張ります...


■お知らせ■

スクールから誕生した「超電磁ハロハロ楽団」のブログも宜しくお願いします!
http://halohalogakudan.seesaa.net/

posted by ハロハロ at 10:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

頑張る気持ちを大切に...

今、スクールの生徒さんがニューヨークに行っています。

武者修行と将来へのリサーチを兼ねて、約2週間程...現地のジャムセッションに参加したり、色々なジャズクラブに行く予定だと聞いています。
彼等には、夢を実現すべく頑張って欲しいと思います。

プロを目指している方に、いつもお話しするのは「小さな事で、満足して欲しくない」という事です。
安易に音楽で食ったり、適当なところで満足する事は、結局その人の人生をダメにしてしまいますね。

周りにもバイトしながらプロを目指したり、シングルマザーで頑張って音楽を生業としている人などが沢山います。
個人的にも応援して行きたいと思いますし、僕自身も、皆に負けないように頑張って行きます。

将来は皆でニューヨークに拠点を移し、インターナショナルミュージシャンとして活躍できると良いですね。

当然?スクールもニューヨークに...




posted by ハロハロ at 02:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

NOVA BOSSA NOVA...再び

先日、NYから電話が...「3月か4月にNYで、NOVA BOSSA NOVAのレコーディングを...」という内容。
当初は、今年の1月か2月だったが「わざわざ寒い時に行かなくてもねぇ...」という事で延期になっていた。

ここの処、バタバタと忙しくしていてすっかり忘れていたが、遂に念願のレコーディングが始まる事になる。

前回のレコーディングが10年近く前...すでに僕の中では古い思い出となりつつあったが、また一緒に音を出す事が出来る...

何よりも、彼等との再会が待ちどうしい(嬉

今回のレコーディングは出来れば十分に用意をして、と思っている。
きちんとリハーサルを行い、可能であれば何回か現地でライブを重ね、バンドが十分にまとまったところでレコーディングに臨みたい。

やはりバンドはコミュニケーションが命...共に音楽をその場で創る喜びは、何物にも代え難い。
しかも、ニューヨークのジャズシーンの一線で活躍する百戦錬磨の強者達が相手となれば、尚の事!!

とにかく期待と不安で、胸躍る毎日になるでしょう。
さてと...早速「自主トレ」を再開する事に...

*NOVA BOSSA NOVAに関しては、こちらを参照下さい。
http://www.view.com/ar71241.html
http://www.view.com/novabossa-reviews.html


posted by ハロハロ at 00:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

夢は叶える為のもの

現在のスクールの生徒さんは...皆とても真面目で熱心な方ばかりで、有り難く思っています。

既にプロやセミプロとして、ライブハウスで活躍したり生徒さんを教えたり...という方も何名かいらっしゃいます。
勿論、全くのビギナーの方もいらっしゃいます。

何と言っても「来るものは拒まず、去る者は追わず...ジャズが好きな事が唯一のスクールへの入会条件」ですから...
目的やレベルはまちまちでも、僕が皆さんに知っていただきたいのは「音楽の本当の楽しさ」です。

また特にプロを目指している、或いは更にステップアップを目指す方には「いつかはインターナショナルミュージシャンとなる事」を自らの目標として欲しい、と心から望んでいます。
そのために為すべき事...例えば、プロとしての哲学や物の考え方、理論と経験、発想やセンスなどなどを身に付けて行けば、決して夢ではないと思います。

NOVA BOSSA NOVAのメンバーをはじめとする、ニューヨークのトップクラスのミュージシャンとのジャムレッスンやジャムセッションも夢ではありませんし、本当に頑張って頑張れば彼等とのレコーディングも夢ではないと思っています。
何よりも、僕自身が為し得た事ですから...

来年中には、メンバーの何人かを日本に呼んでツアーやワークショップ、ジャムレッスンやジャムセッションも実現して行きたいと「真剣に」考えています。

まずは本物を知る事、そしてそこに自らも近づこうと思い、努力する事...スクールはその実現の為に、いかなる努力も惜しみません。
趣味で楽しみたい、という方にも、是非本物を知っていただきたい、と思います。

夢は叶える為のものですから...
posted by ハロハロ at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

NOVA BOSSA NOVA近況

今回より、こちらのカテゴリでNOVA BOSSA NOVAの話題を...

先日、メンバーのベトさんの家にお邪魔して、色々とNOVA BOSSA NOVAの進捗状況を確認する。
前回CDをリリースしたアルカディアレコードとの契約に関する交渉を、あるエージェントのプロデューサーに依頼したのが先月...

結果、彼とアルカディアの社長との交渉で「契約自体が既に終了している?」との事で、他のレコード会社からのリリースは全く問題ないとの事、更に新しい契約先のレコード会社も既に見つかった!との事。

やれやれ、これで何とかなる...?

我々が一番懸念していた事は、仮にアルカディアからのリリースとなった場合、社長のボブがレコーディング時に色々と口は挟み、現場を混乱させる事。
元ミュージシャンだけに、やっかいな事になるのは目に見えている...どうもデイブリーブマン達も、相当やられたらしい(汗

ところが一つだけ問題が...それはNOVA BOSSA NOVAというバンド名の使用権...

仮にアルカディアに権利があるとする場合、他のレコード会社よりNOVA BOSSA NOVAのバンド名でのリリースは不可能となる。
バンド名を変えればいいだけの事、と言ってしまえばそれまでだが...やはり思い入れが各自あるので、そうは簡単にはいかない(泣

他にも色々とまだまだ解決を要する問題があり、もう少し時間が必要と思われる。
ただ確実に現実に向かって進んでいるのは事実...(嬉

そろそろオリジナルを何曲か書こうかなぁ...
posted by ハロハロ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

目指せ!インターナショナルミュージシャン!!(2)

今日は怒っていないので、穏やかに...

元来怠け者で面倒臭がりの自分が、何とかやって来れたのも周りの人のお陰...逆に言えば、殆どの場合、周囲に振り回されて生きていただけの事(汗

これを運命と呼ぶか、惰性と呼ぶか...神のみぞ知る。

何と言っても一番振り回してくれたのは、大恩人のベトさん。
今までも何回も書いたように、NOVA BOSSA NOVAでワールドデビューのきっかけを作ってくれた人...

彼との話の中で、どうしても忘れる事が出来ないのが「インターナショナルミュージシャンとローカルミュージシャンの違い」

まだレコーディングの為にNYCに行く前の話...

「アッちゃん(と、彼は僕を呼ぶ)、インターナショナルミュージシャンとローカルミュージシャンの違い、分かる?」

んっ?何だそれ?

そんな事、今までも考えた事もなかった...

「インターナショナルは、世界中どこでも通用するミュージシャン、ローカルは通用しないミュージシャン」だって!(汗

自分は果たしてどちらだろうか...汗が滝のように...(滝汗

「その違いは何?」

恐る恐る聞くと...

「どんなに演奏が上手くてもローカルはローカル、インターナショナルにはなれない...インターナショナルミュージシャンの条件は2つだけだよ..」

んっ?メモメモ...(笑

「一つは、自分のスタイルやテイストがあるか?自分自身の演奏をしてるか?」

「もうひとつはね、他のメンバーと共に音楽を創造できるか?」

言われてみれば、しごく当然の事だが...

更に恐る恐る...

「ベト、僕はどっち?」

「アッちゃんは大丈夫!」

ベト...お世辞でも嬉しいよ!!


その数年後...

僕は、 BOSSA NOVAのレコーディングの為、NYCに向かう飛行機の中にいた...
posted by ハロハロ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

目指せ!インターナショナルミュージシャン!!(1)

今日は何故か、非常に怒っている!!
故に、少しばかり過激です(笑

どうも最近...屁理屈こねたり、頭で考えてジャズ(のようなもの)をやってる(つもりの)輩が多い...ホント気分が悪くなる(怒

かろうじて「ジャズ風」になったとしても、100年頑張っても「本物の生きた音楽」にはなり得ない(笑

当然、心は動かない...「感心しても、感動しない」

「音楽を創造する」という行為は、そんな簡単なものではない筈...

自分が弾くべき音は既に自己の内部で聴こえているし、達人と一緒の場合は、自分の体の中から音楽が引き出されていくのが分かる。

経験もなく、想像だけでゴチャゴチャ言われると「ニューヨークでもパリでも行って、その屁理屈の正当性を演奏で証明して来い!」と言いたくなる。

どうも、ピアノ教室やジャズスクールの弊害も大きいと思う...安易に「先生」になって、いい加減な事を教えてる連中が多く嘆かわしい(怒
当然、そのような先生に習っている生徒も...

自分が知らない事、経験してない事を教える事など、到底出来ない筈...まずは自らを戒め、高める以外に道はない筈だが...

ジャンルに関わらず、やはり音楽は魂が生み出すもの...自分の音が魂から生み出されていなければ、世界の壁は乗り越えられない?!

目指せ!インターナショナルミュージシャン!!



posted by ハロハロ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界を目指せ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。