2015年02月14日

つくづく思う事

昨年主催した「音楽のエロス5」...ナンダカンダと3ヶ月程、封印していた当日の演奏をYoutubeにアップ、編集しつつ、改めて観て聴いています。

そこでつくづく思うのは、当日ご一緒させていただいた、梅津和時さん、金子飛鳥さん、そしてヤヒロトモヒロさんの音楽に対する姿勢です。
それは時に凄みであり、時に安らぎであり...実に多くの事を学ぶ事が出来たのは、僕にとって大きな歓びです。

気が付くと50代の後半になりますが、この歳になっても自分自身の事を「ああ、まだまだだなぁ...」と思わせてくれる人が周りに居る事は、とても幸せな事ですね。
今年も何かとご一緒出来る事が、試練であり、楽しみであり、励みです。

という事で、とりあえず梅津さんとのDUOのダイジェスト版です。



posted by ハロハロ at 00:15| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

ポピュラーコースの開講

年明けより、スクールの充実を進めています。

約20年前に開設した「子供の音楽教室」、そして約10年目に開設した「PrimeTime Jazz School」、そして今年から開設を進めている「ポピュラースクール」...10年おきに、新しいスクールの開設を進めています。
実は特にそのような計画がある訳ではなく、たまたまそうなっただけですが。

勿論、僕が全てのコースを担当する訳ではありません。
それぞれの分野において、高い専門性を有する講師が担当します。

クラシックも、ポピュラーも、ジャズも、何でも教えます?...う〜ん、ちょっと個人的には考えられません。
「譜面が読めれば、ジャンルは関係なく教える事が出来る」という意見もありますし、確かに「ナンチャってレッスン」なら可能でしょう。

しかし音楽は「目に見えない、手に持って触れないもの」だからこそ、そして多少大袈裟に言えば「教えるという事は、その人の一生に関わる事」だからこそ、ちゃんとした人がちゃんとした事を教えるべきだと思います。
あれこれと器用に教える事が出来る程、音楽の世界は簡単ではない筈です。

そんな事を色々と思いつつ、彼の「ポピュラースクール」は、20代からの知り合いのギタリストと相談しながら進めています。
彼は30年近くの長きに渡り、某Y社のポピュラースクールの講師を務めています。
そのノウハウを新しいスクールに還元して欲しいと、大いに期待しています。

今春には、エレキギター、アコースティックギター、ウクレレの3コースをスタートさせるべく、プロモ用の映像を撮影しています。近々Youtubeに専用チャンネルを開設して、あれこれアップして行く予定です。
単なるスクールの宣伝ではなく、ポピュラー音楽に関連する小ネタや情報などもアップして行きます。

そしてこれをお手本に、ジャズスクールでもYoutubeチャンネルを開設し、色々なTipsを紹介して行く予定です。
僕だけではなく、色々とお世話になっている方々にも登場していただきます。

「今までの集大成を作ろう!」という目論みです。
前回の記事でご紹介したTipsなども、それぞれ映像にしてアップ出来ると良いですね。

今回、改めて感じたのは「何かを表現する事の大切さを伝えて行きたい」という事です。
それは「モノマネや借り物ではない、その人の思いを表現する事の大切さ」です。
この事を「スクール全体のビジョン」とし、音楽のジャンルや年齢は違えども、全てのコースにおいて実現して行きたいと思います。

また、とある画家の方と共同で、幼児向けの新コースのプロジェクトも始めています。
これは昔からやりたかったものですが、なかなか良い人に会えずに実現出来ずに居ました。

このコースは、乳幼児を対象に音楽や絵画、造形などのカリキュラムをミックスしたものです。
小さな時から、様々な表現を体験をして欲しいと思います。

将来は絵画や造形などのコースを開設し、音楽のコースに進みたい子供は音楽のコースに、絵画や造形のコースに進みたい子供は絵画や造形のコースに進んで欲しいと思います。
そして毎年、それぞれのコースが共同で発表会などを開催出来たら楽しいですね。

その子供達がもう少し大きくなったら、ジャズスクールに進んだり、ポピュラースクールに進んだり...やりたい事をやりたいように!を実現して欲しいと思います。

このように、全部が繋がって行く事が大切であると思います。


posted by ハロハロ at 18:23| 愛知 ☀| Comment(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

Tips tips tips!

かれこれジャズスクールをスタートして、10年近くになります。
今ままでの色々なアイディアやら何やらを、そろそろまとめて行こうと思っています。

本当にちょっとした一言で、演奏が俄然良くなる事があります。
そのようなあれこれを、カテゴリー別にTIPSとしてまとめ、関係者で共有できるようにしていこうと思います。
その一部は、このブログにもアップして行きます。
音楽を楽しみたい人が、出来る限り遠回りしたり、迷子にならないように...

そのTIPSをリストにしてみました。
まだまだ増えて行くと思います...

【原理原則など】
・ジャズハーモニーの基礎/コードの1と3と7
・まずは聴く事、感じる事
・コピーする事の重要性
・テンション&リリース
・好きなミュージシャンを見つける
・音楽と作業を分つもの
・コード進行のジャズ化の原則/7th化、コードの置き換え、細分化
・フレーズのパターン化/パターン化する事の重要性とその落とし穴
・メロディの基本/スケールの上下行、分散和音、クロマチック
・何が評価される事なのか?/自分の音楽がある事、それを以て人と一緒に音楽を創造する事
・まずは使用頻度の高いコードだけを覚える、曲中心で考える事

【音楽する為のヒント】
・ダイナミクスの問題/まず自分のレンジを知る。
・最後はメンタル?踏ん張り?
・理論、技術、感性のトライアングル
・一つのアイディアから、どれだけ沢山のバリエーションを産み出せるか?
・今の知識、技術、経験でやれる事を最大化する事。
・ヒントはテーマにあり!
・コードの上と下

【グルーブさせる為には?】
・4ビートの場合/2拍目、4拍目の裏を感じる
・リズムを無理矢理出す事で逆にグルーブしなくなる
・縦ではなく横を感じる事
・エベラルド氏のアドバイス(ボサノバのグルーブは波)
・グルーブ考/ベトさんのアドバイス
・拍と拍の間にある「神の領域」

【アンサンブルやソロの要諦】
・自己完結しない事
・お互いに響き合う事、感じ合う事
・その日、その時、その場所で、その人と...の意味
・ミュージシャンが実際に演奏中にやっている事/リアルタイムなコードチェンジ
・フロントの役割、バックの役割
・最初の一音から最後の一音までが音楽/自分のアドリブがうまいだけでは不十分
・自分以外のパートの役割への理解
・起承転結をイメージする
・例えばピアノの場合/いくつかの技、そしてそれらの組み合わせ
・独り言ではなく、会話をする事
・それぞれの楽器の特性を活かす/出来る事、出来ない事
・リハモとスーパーインポーズ

【スタンダード攻略法/導入編】
・まずは外枠を作り、その後細部にフォーカスする
・自分のホームをまず作る。そしてお出かけしてみる/テンションリリース
・その曲をキーのドミソでフレーズを考えてみる
・ドミソ+何か/ドミソの間にある音を加える
・変化させたドミソ/コードの音に変化させる
・ドミソ+何か/音の選択のヒント:セブンスコードを崩す
・大テンションリリース、中テンションリリース、小テンションリリースとその組み合わせ 
・コードを跨ぐ/複数のコードを一つとして見る事で、横に流れるフレーズを作る
・バリエーションを作る/リズムパターンを当てはめる
・バリエーションを作る/音の組み合わせ、音域を試す
・バリエーションを作る/アーティキュレーション
・起承転結をイメージする
・例えばピアノの場合/いくつかの技、そしてそれらの組み合わせ

【まずはブルース!】
・黒人の感性と白人の感性
・5音のブルーノートを使う、まずはその中の2音から
・ブルースのコブシ
・色々なリズムパターンを研究する
・ドミソとド♭ミソを使う
・コードの音を取り入れる
・テンションリリースを使う
・コード、コード進行をその場でチェンジしていく
・スケールを使う 

【コードやスケールの事】
・コードとスケールの関係/1対多の関係
・コードのバリエーション/マイナーコード m7、m△7、m7♭5
・ジャズのグルーブの基本/50年代のジャズのリズムセクション
・なぜ初見でもアドリブが出来るのか/コード進行のパターンを認識している
・休符の意味
・スタンダード攻略法/曲の構造を見る。8小節が基本単位
・アドリブの習得/コードを跨ぐ、段を跨ぐ事
・アンサンブル/お互いの距離感、近づいたり、遠ざかったりという感覚
・ジャズハーモニーの基礎

【スケールを使う】
・スケールの中のコードトーンを使う
・スケールの中のコードトーンとテンションノートを組み合わせる
・更にスケールにない音を使う(クロマチックの使用)
・全ての構成音を使う必要性はない
・全ての構成音を使う方法

【その他】
・コーダルとモーダル、或いはコモーダル

などなど...

きりが無いのですが、春頃までにはまとめて行こうと思っています。

posted by ハロハロ at 18:51| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

一緒に音を出す事の意味

「自分自身が、どのように音楽を学んで来たか?」を振り返ると、20代前半からの10年間近くは自分よりも遥かに上手い人達のバンドに入れてもらい、いわゆる「現場での下積み」を経験して来ました。

当時は、ほぼ毎晩どこかのお店でピアノを弾いてました。
で、当然僕だけ下手なので、とことんボロクソ言われる訳ですね。
バンドのメンバーに言われ、お店の関係者に言われ、お客さんに言われ...良くも悪くも体育会系ですから、相当キツいものでした。

それも、一人前にギャラはもらえるので、それが尚更キツかったです。
言い訳出来ませんから、本当に必死でした。
無理な力で弾くので、指が突き指したようにボロボロになるし、当然毎晩ヘトヘトです。

もちろん他人から言われるまでもなく、自分が下手な事は一緒に音を出せば一瞬で思い知らされる訳で、それはそれで惨めな毎晩でした。
しかし、辞めたいと思う事は一度もなく、また首になる事もありませんでした。
今考えると、よくぞ皆さん我慢して下さった!と思います。

その「下積みの現場」で学んだ一番の事は「一緒に音を出す事の意味」です。
「一人でやってるんじゃないよ!」という事です。

自分の音と一緒に演奏している人の音が、近づいたり、離れたり、溶け合ったり、反発しあったり...一曲の最初から最後まで、あれこれと変化を繰り返しつつ進んで行く訳です。
だからこそ面白く、そして飽きない訳ですね。

まずは全体を聴く事、感じる事であり、決して自己完結しない事だと思います。
相手を感じさせ、相手から感じながら一緒に音を出す事で、音楽を創造する事がとても大切であると思います。

その日、その時、その人とその場所で、ニ度と再現出来ない「何か」を表現出来れば本望です。
「日々是精進」あるのみです。

posted by ハロハロ at 01:57| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

久々の更新です。

良い事、悪い事があれこれと起こり、相変わらずの毎日です。
遅まきながら、改めて今年も宜しくお願い致します。

昨年末あたりから、ジャズスクールのコースを増やしたり、ポピュラー系のスクールの開設の準備を進めたりしています。ジャズスクールも開設して10年程になりますし、そろそろ今までの色々をまとめて行きたいなぁと思っています。

世の中には数多くのスクールがありますし、それぞれ独自の考え方やメソッド、目的などがあると思います。
その中で、僕がこのスクールでお伝えしたいのは、「たどたどしくても自分の音楽を目指す事、そしてそれを以て皆と音楽を楽しむ事」に尽きます。

簡単に言えば「やりたい事をやりたいようにやって、みんなと遊びましょう!」という事です。
それも「如何に遠回りをせず、如何に楽して遊ぶか?」が基本です。
スクールの役割は、あくまでもその手助けをさせていただく事です。

その為にも「自分の音楽をやり、それを以て皆と音楽を楽しむ事」を、まずは僕自身が実践していなければなりません。なぜなら、本人が知らない事、出来ない事を伝えるのは不可能な事ですから。
そしてその実践から得た経験を、スクールへと還元していく事です。

そんなこんなで、今までの色々とトピックス毎にまとめて、スクールの教材を作って行く事にしました。
何とか春頃までにはご紹介出来るよう、頑張ります。

例えば、良くある市販のフレーズ集などでフレーズを覚える事も悪くはありませんが、それだけでは覚えたフレーズしか使う事は出来ませんし、そのやり方だと何百という数のフレーズを覚え、それを如何に繋げて行くか?という事になってしまいますね。

それでは「人の演奏を聴きながら、一緒に音楽を創造する楽しさ」から、随分とかけ離れたものになってしまいますし、何百というフレーズを覚えるに費やした膨大な労力を、もったいなく思ってしまいます。

スクールでは、まずは音楽の原理原則...とりわけジャズの原理原則を、そしてその原理原則を如何に活用していくか?を、お伝え出来ればと思います。

その原理原則は、とてもシンプルなものですし、時代やスタイルに関係なく不変なものとして存在しています。
更には、色々な人のアイディアをヒントとする事で、自然に「ジャズ語の言語中枢」を持つ事が出来ると思います。

もうひとつ、とても大切な事は「耳を鍛える」事です。
人の演奏であれ、自分の演奏であれ、その善し悪しを判断する「耳」を鍛える必要があります。

とにかく良い音楽、良い演奏を聴きまくる...そしてその中から自分のアイドルを見つけて欲しいと思います。
そしてそのアイドルの演奏を何十回、何百回と繰り返し聴く事ですね。耳コピなども、とても良いと思います。

一見華やかに見えても、実はとても地味な作業の積み重ねですが、その繰り返しが大きな成果に繋がります。
あれこれ試行錯誤しつつ、楽しんでいただければ!と思います。

posted by ハロハロ at 13:37| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

ジャズスクールと音楽のエロスの関係

「音楽のエロス5」のFBページからの転載です...
https://www.facebook.com/ongakueros

=======================================
主宰者の井上です。
あれこれ、何故か慌ただしい毎日です…

そもそも、この「音楽のエロス」コンサートは、僕が主宰するジャズスクールの「実践の場所」となるべく始めたものです。
当時からスクールには、プロ指向や既にセミプロとして活躍している人達が居た事から、「実践で学ぶ場所、鍛える場所」の必要性を感じ、知り合いのプロにも声をかけてスタートしたものです。

僕自身が駆け出しの頃、ラブリーやスターアイズなどのライブハウスで、諸先輩の中に放り込まれ「修行の日々」を過ごした事もあり、そこで学んだ事が、如何に大切なものであるか!を、痛感していたからです。

特にジャズという音楽においては「一緒に音を出す事でしか学べない事が殆どである」と思います。
だからただレッスンしているだけでは、ダメなんですね。
また市販の教則本など、ほんのきっかけにしか過ぎませんし、マイナスワンでは「生きた音楽」を学ぶ事は不可能です。

生身の人間同士が肌を合わせる感覚、お互いの音が響き合う感覚、お互いに音を感じたり感じさせたりする感覚こそが、その源泉となるべきだと思います。
そして「その日、その時、その人とその場所でしか産み出す事が出来ない何か」が、とても大切なんですね。

とブツブツと云いつつも、音楽のエロスも回を重ねて、気が付くと色々な方をゲストにお迎えするようになり、あっと言う間に5回目となりました。

特にヤヒロさんとの出会いは、僕にとっては「ああ、やっと出会えた!」と久々に思えるものでした。
まだまだ試行錯誤の段階ではありますが、これからもこの二人のDUOをベースに、色々な方をゲストに迎えつつ、ヤヒロさん曰く「ヘンテコリンな音楽」、僕曰く「気ままな、お散歩音楽」を極めて行こうと思う次第です。

来年はライブハウスなどにも出演しつつ、いよいよレコーディングも行います。
ツアーなども出来ればやりたいなぁ...と、密かに思っています。

そして、そのような活動を通じて僕自身が学んだ様々な事を、この世界を目指す「若い人達」に伝え、共有して行こうと思います。
更には、才能に恵まれた多くの音楽家が、本来受けるべき「正当な」社会的評価、経済的評価を受ける事が可能となるよう、NPOの活動を通じてその実現を目指して行きます。

他方、このような「ヘンテコリンな音楽を聴きたいと思って下さる人」や「喜んで下さる奇特な人」を、世界中探して行きたいと思う次第です。

60歳を前に、悠々自適な引退生活を夢見た時もありましたが、どうやらそうも行かないようです…

↓ヤヒロさんからのメッセージです。このように思ってもらえて、とても嬉しく思います。多謝!!



posted by ハロハロ at 17:28| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

「ヤヒロトモヒロ&井上敦+梅津和時」ライブのサンプル

前回の記事に関連しますが、先日のヤヒロさん、梅津さんとのライブの模様です。
仕込みなし、打ち合わせなし、リハなしの一例です。

最初に誰かが出した音をきっかけに、お互いを聴きながら「ああでもない、こうでもない」と音を重ねて行きます。

相手に合わせる訳でもなく、相手に何かを強要する訳でもなく...
難しいようで簡単なようで、簡単なようで難しいようで...

当日は入替の2部制で行いましたが、まずは第1部の最初の曲の前半部分です。



そして後半...この曲だけで20分近くになりました。




この続きは、11月2日の「音楽のエロス5」にて!!

◆「音楽のエロス」プロジェクトFBページ
https://www.facebook.com/ongakueros


posted by ハロハロ at 10:34| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

音楽の作り方

今回の「音楽のエロス5」では、2種類の音楽の作り方を試しています。
参考になればと思い、ご紹介します。

eros5オモテ_20140913-1.jpg

ここ数日来11月1日にご一緒させていただく、金子さんとのセットのサンプル音源を作っています。

まずは僕の方でサンプルやスコアなどを用意し、それをどのような構成で、どのようなイメージでやってみたいか?などの叩き台を作ります。
それを元にそれぞれが音楽的な作り込みをしつつ、お互いにやり取りをしながら面白い音楽を創って行こう!という方法です。

他方11月2日の梅津さんとのセットでは、先日のトリオでのライブの演奏を参考に面白い部分をモチーフとして抽出し、それを元に「曲」として作り込んで行きます。
「仕込みなし、打ち合わせなし、リハなし」ライブでの、偶然の?或いは必然の?産物がベースになる訳です。

このように1日と2日のセットでは、ある意味真逆な作り方ですね。
まずは色々な方法で事前に準備をしたり、場合によっては全くしなかったりもします。

前提がどうであっても、実際の演奏の場においてはお互いを良く聴いて、制約に縛られず、時には制約に縛られつつ、一緒になって「その日、その時、その人と面白い事をやる」というスタンスは同じです。

はみ出てみたり、戻ってみたり、ズレてみたり、合わせてみたり、知らんぷりしてみたり、くっついてみたり…時々刻々、色々な世界が作れれば面白いですね。

あれやこれや色々と試しつつ、ジタバタして行きます。

posted by ハロハロ at 10:07| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

クラウドファンディングやってます!

今回の「音楽のエロス5」コンサートへのクラウドファンディングやっています!!
興味のある方は、是非一度ご覧下さい。



===============================
◆「Motion-gallery」による、クラウドファンディングの仕組みです。
https://motion-gallery.net/helps/about
◆「音楽のエロス」プロジェクトFBページ
https://www.facebook.com/ongakueros
◆「音楽のエロス」プロジェクトArchives
http://eros2.seesaa.net/
===============================


posted by ハロハロ at 14:27| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

「音楽のエロス5」進捗状況

本番まで1ヶ月半を切り、毎日色々な動きがあります。
まず「音楽サイド」の動きです。

・いよいよ、名古屋サイドの出演者のリハーサルがスタートします。
両公演の2部に参加予定の「ハロハロ」ですが、昨日リハーサルを行いました。
(ハロハロは、スクールの生徒さんが中心となって結成されたバンドです)

まず今回は、ヤヒロさんからの宿題の2曲を...アフリカリズムの一つ一つのパートに音階を付けて行き、それをサックスやギター、ピアノで演奏する...という試みです。
そのアンサンブルをベースに、ヤヒロさんと僕、そしてゲストの梅津さん、金子さんが自在に音を重ねて行きます。

そしてそのアンサンブルも途中で調性がアウトしたり、気が付くとまたインに戻ったり、またアウトしたり...と、変幻自在に変化して行くのが狙いです。

・更に、今回発足した「アフリカンパーカッションアンサンブル」(APE)が加わります。
以前開催した、ヤヒロさんの熱血「リズムアンサンブルレッスン」に参加された方を中心に、アンサンブルチームが11月1日にデビューの予定です。
今回は少人数でスタートしますが、来年の音楽のエロス6に向けて、メンバーを増やして行きます。

ハロハロ、APE共、個別・合同にてリハーサルを進めて行きます。

取りまとめ役の、「ハロハロ」後藤睦実からのレポートです。
===============================
ハロハロサックスの後藤です。
今日は、「音楽のエロス5」に向けて、ハロハロ初リハーサルでした。ハロハロメンバー5名に、パーカッションの方も加わって頂きました。
今回初の試みの曲で、上手く表現できませんが「大縄跳びに上手く入る」感じ…です。??ですね…
ともあれ、このハロハロの上に、金子さん、梅津さん、ヤヒロさんが音を重ねて行く感じが楽しみです。 面白い展開になりそうです。 ご期待下さい!!
===============================
との事で、乞うご期待!

・その他の曲は、現在僕の方であれこれ考えています。
金子さんに今月28日にお会いしますので、それまでに簡単なサンプルやスコアを用意します。過去のハロハロのリパートリーを元に、更にそれを今回用にアレンジする予定です。

また梅津さんとの曲は、先日のライブでの演奏を参考にモチーフを作って行きます。
更に、過去のヤヒロさんとDUOの演奏を聴き返し、あれこれ曲作りのヒントにして行きます。

来年のレコーディングに向けて、フリーな音楽だけではなく、更に「構成美溢れる音楽」も用意して行きます。

eros5オモテ_20140913-1.jpg

eros5ウラ_20140912_1.jpg

============================
◆「音楽のエロス」プロジェクトFBページ
https://www.facebook.com/ongakueros
◆「音楽のエロス」ダイジェスト版
http://youtu.be/WLYniuQRmWA
◆「音楽のエロス」プロジェクトArchives
http://eros2.seesaa.net/
============================
◆「Motion-gallery」クラウドファンディング・プラットフォーム
https://motion-gallery.net/projects/ongakueros5
◆「everevo」チケット購入サイト
・11月1日(土)ヤヒロトモヒロ&井上敦+金子飛鳥
http://everevo.com/event/15510
・11月2日(日)ヤヒロトモヒロ&井上敦+梅津和時
http://everevo.com/event/15831
============================
*「Motion-gallery」の仕組みです。
https://motion-gallery.net/helps/about




posted by ハロハロ at 11:33| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

「音楽のエロス」とは?

改めてこの「音楽のエロス」プロジェクトに関して、色々とご紹介して行きます。
まずは第1回目です。

◆「音楽のエロス5」コンサート概要
「音楽のエロスとは何か?」を、毎回、国内外の著名な音楽家と共にマジメに探っています。
5回目の今回は、梅津和時さん、金子飛鳥さん、ヤヒロトモヒロさんとご一緒します!

==============================
「音楽のエロス5」

10月31日(金)
非営利組織「Elan Vital Japon」第一回総会(関係者限定)
https://www.facebook.com/ElanVitalJapon

11月1日(土)
ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +金子飛鳥
開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)
https://www.facebook.com/events/174665846070538/

11月2日(日)
ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +梅津和時
開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)
https://www.facebook.com/events/344797722332002/

11月3日(月祝)
PrimeTime Jazz School「Live & Jam」
特別ゲスト:ヤヒロトモヒロ
開場13時、開演13時半 入場無料
http://jazz-nation.seesaa.net/

開催場所:千種文化小劇場(名古屋市千種区千種三丁目10号)
https://www.bunka758.or.jp/scd16_top.html
==============================

↓昨年の「音楽のエロス4」のドスオリエンタレス
3−2.jpg

◆「音楽のエロス」とは?
「何か良いコンサートのタイトルがないかなぁ?」と思い、ふと思いついたのがこの「音楽のエロス」という言葉でした。
元々音楽にエロス的なものを感じていた事もあり、それならば「エロスを感じるような音楽」を追求して行こうと思い、コンサートのタイトルを「音楽のエロス」としました。

とは言え、音楽はもとても個人的なものですね...

共演者の方達とは、そのような「音楽におけるエロスとは何か?」を探って行きたいと思います。
聴きに来て下さる方達には、僕達の演奏から「それぞれのエロス」を感じていただければ...と思います。

↓昨年の「音楽のエロス4」のヤヒロさんとハロハロ
3−1.jpg

halo2.jpg

◆「音楽のエロス」プロジェクトFBページ
https://www.facebook.com/ongakueros


◆明日からスタートです!!
======================
◆「Motion-gallery」
クラウドファンディング・プラットフォーム
https://motion-gallery.net/projects/ongakueros5
(明日から表示される予定です)
◆「everevo」チケット購入サイト
http://everevo.com/event/15510
(ヤヒロトモヒロ&井上敦+金子飛鳥)
http://everevo.com/event/15831
(ヤヒロトモヒロ&井上敦+梅津和時)
======================

posted by ハロハロ at 13:14| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

クラウドファンディングやります。

先日ご紹介した「音楽のエロス」コンサート、今回初の試みとして「クラウドファンディング」による資金調達にチャレンジします。
https://www.facebook.com/ongakueros

プラットフォームにモーションギャラリーを選びました。
https://motion-gallery.net/
最近、世界最大級のクラウドファンディング「INDIEGOGO」と提携されたようです。
https://motion-gallery.net/blog/indiegogo1
将来はマジメに!!海外狙っていますので、今回はまずは手始めに...と云う感じです。

で、何故クラウドファンディングなの?という辺りを、以下抜粋してご紹介します。
最近設立した、非営利組織「EVJ」の話に関連させて説明をしています。
https://www.facebook.com/ElanVitalJapon

==================================
非営利組織を実際にスタートして感じたのは、明らかに今までとは異なるファンや支援者の方との関わりが産まれ、更にそれをベースに「緩やかなコミュニティ」が形成されつつある...という事です。

それは「私観る人、私演奏する人」というような、従来までの一方的で一元的な関わりではなく、趣旨に賛同された方々との、双方向な多元的な関わりを持つ事を可能としてくれます。
そして、何よりもお互いをより良く知る絶好の機会ともなり、更には「価値観や情報、体験、音楽への思いなどの共有」に繋がっていきます。
そして、本番までの様々な制作のプロセスを覗き見したり、そのプロセスに様々な形で関わっていただく事も可能となります。

正に、今まで考えられなかったような「新しい関わり方」となります。

今回は、そのような新しい関わりの一つとして「クラウドファンディング」の活用を考えました。単なる資金調達ではなく、ファンや支援者の方との「持続的なコミュニティの形成」を目指しています。

今後はSNSと連動させつつ、海外へのコミュニティを先に形成した上で、海外進出を果たす...というようなスキームもあれこれ考えています。
更には非営利組織と密接に連動させて行く事で、お互いのコミュニティをシェアしていく事も可能かと思います。それはクラウドファンディング自体が、非営利的な要素を多く含んでおり、非営利組織との親和性がとても高いと考えるからです。

かように、クラウドファンディングは「単なる資金調達手段」に止まらず、実に様々な未知の可能性を感じています。
==================================

クラウドファンディングのスタートは、今月15日を予定しています。
また、チケットのみ購入ご希望の方向けに「everevo」のサイトに、現在データをアップロード中です。

↓昨年の「音楽のエロス4」のヤヒロさんとのDUO
2−4.jpg


posted by ハロハロ at 18:02| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

「音楽のエロス5」コンサート

2009年からスタートした「音楽のエロス」コンサート、今回の秋で5回目を迎えます。

====================================
◆「音楽のエロス5」コンサート

2014年11月1日(土)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +金子飛鳥
    開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

2014年11月2日(日)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +梅津和時
    開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

    開催場所:千種文化小劇場(名古屋市千種区千種三丁目10号)
====================================

「音楽のエロス」ダイジェスト版


元々は、このジャズスクールの生徒さんを中心に結成した「ハロハロ」というバンドのコンサートからスタートしました。
今年も「ハロハロ」のメンバーと一緒に、ワールドクラスなゲストをお迎えして「音楽のエロスと何か?」を追求して行きます。

「音楽のエロス」プロジェクトFBページ:https://www.facebook.com/ongakueros

↓仮のフライヤーです、本仕様版は暫くお待ち下さい...
文中2−1−2.jpg

posted by ハロハロ at 09:16| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

久々に復活します。

約10ヶ月ぶりのご無沙汰です。
スクールは健在です、ボチボチやっています。

ここ最近は、フェイスブックページが中心となっていました。
と言っても、スクールのフェイスブックページはまだ作成していません。
近々には作成する予定です。

という事で、このブログでもアレコレと情報を更新して行こうと思います。

また開講コースも増やそうと思い、まずは第一弾で伝説の?ヴォーカリストである「植田ひとみ」さんをお迎えして、ヴォーカルコースを近々開設しようと思います。

今更ながら、プロフィールです。

◆植田ひとみ
名古屋で活躍する女性ジャズヴォーカリストのクィーンともいえる植田ひとみが、久しぶりにニューアルバム「After Today アフタートゥデイ」を発売しました。
CD発売記念として、名古屋を起点として愛知県各ライブハウス 北陸、関西圏のツアーを展開中。
また昨年11月フランスで開催される「リモージュジャズフェスティバル」に出演決定し、名古屋の古くからのジャズファンから、多くの期待が寄せられ応援されている。

10696600.170x170-75.jpg
https://itunes.apple.com/jp/album/after-today/id691801447

植田ひとみは15歳のころ、ピアノのレッスンを受けている際、先生からジャズ向きのハスキーな声に目を向けられ、「歌ってみないか!」の一言でこの道に。
その後メキメキと頭角を現し、名古屋のビッグバンドと関わりを持ち、ジャズヴォーカリストとして不動の地位を獲得。
一時、上京して「宮間利之とニューハード」の専属歌手にもなり、ジャズの専門誌の人気投票では「日本で五本の指に入る女性ヴォーカリスト」と評価されることもありました。
この間、テイチクレコードからシングル、スリーブラインドマイスレコード、東芝EMIレコードからLPなどを出し、各テレビなどにも出演しましたが、ニューハードとの契約を終わって名古屋へ。

植田ひとみの素晴らしさは、その歌唱力。特にスキャットは、当時のジャズ評論家・いソノてルヲが絶賛したテクニック。
名古屋では、ラテンクォーター等ライブなどで地道なジャズ活動を行いつつ、「花博覧会」「デザイン博」「名古屋城祭り」等々にも出演し、名古屋のジャズファンに植田ひとみ健在と、相変わらずの人気を博しています。

現在、名古屋や愛知各地のジャズライブ店などで定期的に出演しているほか、未来のヴォーカリストを目指す方々にレッスンをしている。また名古屋芸術大学の非常勤講師として、後進の指導に当たっています。

hitomi2.gif
posted by ハロハロ at 10:00| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

とても有り難く、とても嬉しい事

FBに投稿した記事ですが、見れない方の為にこのブログにも転記しておきますね。

=================================

かれこれ15年以上の付き合いになる、某ドラマーのA氏が昨日の「JAZZ&COOK」にわざわざ足を運んでくれました。
http://eros2.seesaa.net/
僕と同じ歳で、同世代で生き残っている数少ないミュージシャンの1人です。

20代の時に僕は名古屋で、彼は福岡で「バンドマン修行」を経験しています。いわゆる「下積み」とか「叩き上げ」というやつです。

今考えると、この「下積み」の経験は何よりも貴重なものですね。
プロとしての「一番の基礎の部分」を徹底的に叩き込まれます。昔のジャズ関係は、基本的に「体育会系」なので相当厳しかったです。

どの世界も同じだと思いますが「若い時の下積みの有無」は、その後の人生において決定的な違いに繋がりますね。

そのA氏とは、最近は一緒に演奏はしていませんが、以前は良く一緒でした。一言で言えば、昔堅気のアクの強い人です。

一緒に演奏しなくなると普通は疎遠になるものですが、彼はその後もナンダカンダと演奏を聴きに来てくれたり、一緒にお茶をしたり...という関係が続いています。

「かなりの変人」ではありますが、耳は確かです。
毎回演奏を聴きに来てくれた後は、的確な批評をしてくれます。

またエルビンやエバンスなどの話になると、とたんに饒舌になり止まらなくなります。本当に、心底ジャズが好きなんですね。

で、昨日も突然ふらっとやって来て「演奏だけ聴かせて!」と。

そして案の定、今日の午前中にメールが届き、昼から「名古屋人の心のオアシス!」コメダコーヒーでお茶して来ました。

ははは、やっぱり鋭いですね。
全てをお見通しでした!!

時には「耳に痛い事」も言ってくるので腹立つ事もありますが、このように忌憚なく的確にものを言ってくれる人の存在は、実はとても有り難いものです。

お互い目指す音楽や生き方は違いますが、いつまでも頑張ってもらいたいと思います。


posted by ハロハロ at 22:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

FB考...

とあるきっかけで「Facebook」(以下、FB)を始めて一ヶ月ちょっとが過ぎました。
現在あれこれ進めている「音楽のエロス」の、マーケの為のツールとして如何に活用出来るか?を色々と試しています。

少なくとも趣味ではなく「生業」としてやって行くのであれば、ライブなどをやったとしても「演奏を聴きたい」と思う人が居なければ「生業」として成立しませんね。
ドラッカー先生曰く...ではありませんが、やはり常に「顧客の創造」が不可欠な訳です。

例えば、今まで知らなかった演奏家に興味を持った場合、今時であればまずはその人のブログやHP、Youtubeなどを探しますね。

「どんな人で今までどんな事をやってきて、今はどんな演奏をしてるの?」などを色々と知りたいと思います。
もしそれで面白そうだと思えば、その人のライブなりコンサートなりに足を運ぼうと思います。

「調べてみてもどんな人かも分からない、演奏も聴く事が出来ない...」では、やはりそこで興味は尽きてしまいますね。
特に今のように、簡単にネットで情報を得る事が出来る時代では尚更です。

また「ライブやコンサートのチケットを買うのに、わざわざお店に行かないとダメ!」では、ネットで何でも簡単に買い物が出来る時代に逆行していますね。
「現金書留でチケットの代金を送って下さい!」など、昭和の時代ならいざ知らず...ですよ!

まずは「一体どんな人が、どんな事をしているのか?」を知ってもらう為に、プロフィールやら音源、動画などの情報を出来る限りアップし、チケットも購入出来、或いは直接交流も出来るような「便利な仕組み」を構築する事ですね。
そして、その仕組みを活用する事で「興味をもってくれる人」「聴きたいと思ってくれる人」を探して行く事かと思います。

このような仕組みを作るのに、FBを如何に活用していけば良いか?という事が今の課題です。
余りあれこれやりすぎても混乱するだけで、また更新していくだけでも大変な事になってしまいます。

実は個人のFBを開設した後にFBページを知り慌てて開設した為、現在は両者がゴチャゴチャになっていますが、今後両者を上手く共存させて行きつつ現状のブログやYoutubeチャンネル、everevoなどとうまくリンクさせて行こうと思います。

という事で、僕のFBと「音楽のエロス」のFBチャンネルです。
https://www.facebook.com/ainoue0225
https://www.facebook.com/ongakueros

また「音楽のエロス」のYoutubeチャンネルと、ブログです。
http://www.youtube.com/user/HALOHAL025
http://eros2.seesaa.net/

FBは情報がひたすら流れて行ってしまいカテゴリー別のストックが苦手な為、現在はブログと併用していますが、実はこの両者の整合性がちょっと良くない気がして居ます。

また今後は、音源や映像その他「多様なもの」の販売なども進めて行きたいと思っています。
諦める前に、マダマダやる事や出来る事は色々とある筈です。

posted by ハロハロ at 05:04| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

「音楽のエロス4」Facebookページの開設

Facebook(以下FB)に登録していない人はFBを見れないという事に、登録してから知りました。
それに色々聞いてみると、僕の周りでFBをやっている人は結構少ないみたいです。

例えば、例のギョインバンド「ハロハロ」の現在のメンバー6名の内でも、僕が始めるまでFBをやっていたのは「たった1人」という有様でした。

僕がやりだしてバタバタと増えて、それでもようやく4名...未だに未登録が2名。
何と云うアナログバンド!!

逆に昔のジャズ関係者や、もっと前のヤマハ関係者は、殆どや登録している模様。
しかし、今更リアルで疎遠な人と繋がってもねぇ...とも思います。

反面、知り合いの中に少ないながらもFB登録者が居たので、まずはそこから広がって行けば良いかなと思います。

色々とやっている内に、Facebookページがあるという事を知りました。
どうやらこれはFBに登録していなくても「外部からでも」見る事が出来るらしいです。

なるほど...

そして更にはFB内ではありますが、広告を出す事も出来るようです。
これは、ある程度キチンとしたターゲッティングが可能であるなら、面白そうですね。

という訳で、バタバタとFBページを作って見ました。
https://www.facebook.com/ongakueros

「音楽のエロス」は、今後は関連するライブやイベントなどを定期的に開催して行く予定です。
現状の「音楽のエロス4」のブログとの棲み分けを考えなくてはなりませんが、まずは色々と試行錯誤してみたいと思います。


posted by ハロハロ at 20:52| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

「お散歩」音楽

今自分の中で一番面白く、興味があるのが「お散歩」音楽です。
と言っても「お散歩をする時に聴くと良い音楽」という意味ではありません。

前にもどこかに書いたような気がしますが、まるで「一緒にお散歩でもしているような演奏」がしてみたいい!という意味です。
「一緒に歩きながら、あっちに行ったりこっちに行ってみたり、急に全速で走ったり、立ち止まったり、相手を無視してみたり、寄り添ってみたり...」というようなイメージです。

例えて見れば、好奇心たっぷりな無心?
ちょっと意味不明ですね。

拍子とかリズムとか、和音とか調性とか...大凡音楽を構成する要素を超えた「自由な音楽」が、当面の目標です。
その為には、これら音楽の要素に関して徹底的に学ばなければなりませんね。
そして「真の自由とは何か」を、自分なりに定義しなくてはなりませぬ。

まあ聴いている側にしてみれば、100年かかろうが「その場の出来心」だろうが、書き譜であろうがなかろうが、そんな事はどうでも良い事です。

要は「良ければ良い」訳ですね。

より「良い音楽」としていく為に、まずは古今東西の音楽或いは表現に関わるあらゆるものから学び、考え、試行錯誤しながら「自らの表現」として音を出して行く事を、多少大袈裟ですが残りの人生の目標としたいと思います。

そしてそれらの諸々をスクールに来て下さる方、演奏を聴きに来て下さる方とショア出来れば、そしてそれが生業として成立すれば、音楽家として起業家としてはこの上ない喜びだと思います。

posted by ハロハロ at 05:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

「ヤヒロさんとのDuo」の曲作りノート/基本的な考察(1)

「音楽のエロス4」のブログに、「ヤヒロさんとのDuo」の曲作りノート/基本的な考察(1)をアップしました。
http://eros2.seesaa.net/article/369279627.html

僕は「音楽が産み出されて行くプロセス」を、聴く人にこそ知って欲しいと思います。
まして、その「聴く人」が音楽をやっている人であれば尚更の事です。

そのプロセスを、まずは一緒に楽しんで欲しいと思います。
またその事で、より音楽を深く知り、より音楽を好きになって欲しいと思います。

演奏家は、実は聴く人から「色々なもの」をもらったり、感じたりしています。
その意味では「演奏する人と聴く人」が一緒になって「その日その時だけの、特別な音楽を創造している」と思います。
だからこそ、自分達の事をオープンにしていく必要を強く感じています。

僕自身が音楽を初めた時、まずはミュージシャンのインタビュー記事や書籍などを読みあさりました。
「一体この人達は、何を考えているのか?」という事に、とても興味があったからです。

もちろん音楽を聴く事、コピーしたり分析したりという事にも相当な時間を費やしたと思いますが、一番の興味はやはり「ミュージシャンの音楽に対する考えや、取り組む姿勢」でした。

かつてのただただ音楽に憧れて一生懸命模倣した時期を経て、ようやく何かを創造していく時期に来ていると...おぼろげながらも感じています。
だからこそ、思考のプロセスがとても重要なのですね。

そのような事も色々あって、ならば「自分も語ろう!」と思った次第です。

posted by ハロハロ at 04:23| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

「音楽のエロス4」のブログ

「音楽のエロス4」のブログ、更新しました。
先日やった、僕のリハビリセッション?の音源をアップしました。
http://eros2.seesaa.net/article/369151125.html

一応Facebookを個人ポータルみたいにして、バンドやリサイタル、子供とジャズスクールのブログにリンクさせようと思っています。
しかし、あっちもこっちも更新!!になるので結構大変ですし、Facebookをやらない人も多いのでなかなか難しいところです。

しかし結局はビジネスでの利用がゴールなので、ファンページを立ち上げた方が良いかも?と思いつつ、何をやっても、要は売り物が良くなければ意味がないしね...などと思ったり。

当分は色々試行錯誤して行きたいと思いますが、お陰でなかなかノンビリもしていられません...

◆Facebookも更新しています!!
https://www.facebook.com/ainoue0225

posted by ハロハロ at 21:05| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。