2015年05月25日

ショーターのFEE-FI-FO-FUM

スクールから産まれたバンド「ハロハロ」のライブを、7月にスターアイズでやります。
今回は原点に戻り、60年代以降の曲を取り上げようと思い、ショーターやハンコックの曲などを聴いています。

その候補曲の中に、ショーターのFEE-FI-FO-FUMという曲があります。
ただ演奏すると云っても、当時の再現では面白くありませんから、一工夫、二工夫してみたいと...

Youtubeで色々見ていると、ロイヘインズのバンドがこの曲を取り上げてました。
オリジナルと聴き比べてみると面白いですね。

ロイヘインズのバージョンは、当たり前ですが「今の感じ」がします。
一体それが何故なのか?
ちょっと探ってみたいと思います。

で、まずはオリジナルです。
昔の伝統を受け継ぎつつも、何か新しい事をやろう!という気概を感じます。




次に、ロイヘインズバージョンです。
メンバーは比較的若いですが、何と言ってもロイヘインズが良いです!!



posted by ハロハロ at 10:18| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

ジャズはまだまだ進化していくか?

「ジャズは死んだ!」とか「もう行き着くとこまで行った!」とか??
いやいや、まだまだ確実に進化していると思います。

チックコリアのオリジンやニュートリオにも居た、イスラエル出身のアヴィシャイコーエンのトリオです。
ピアニストもドラマーも同じイスラエル出身です。



ピアニストやドラマーのフレージングを聴くと、明らかに伝統的なジャズのそれとは違って来ています。
メルドー辺りから、明らかに変わって来ていますね。

なるほど、なるほど...

posted by ハロハロ at 08:36| 愛知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

JAZZ ADVICE...お薦めのサイトです!

たまたま見つけましたが、なかなか参考になる記事が多いと思います。
「JAZZ ADVICE」というサイトです。
http://jazzadvice.com/

例えばこのような記事など、とても参考になりますね!
http://jazzadvice.com/7-crucial-lessons-from-historys-greatest-improvisers/

日本の...とか、アメリカの...と言うような、一元的な比較はしたくありませんが、残念ながら少なくともこの分野においては両者に雲泥の差がありますね。
しかし英語圏の情報をゲットするには、英語が分からないと...

せっかくネットを使っているにも関わらず、世界中の様々な情報やアイディア、ノウハウの恩恵を受ける事が出来ないのは不幸ですね。
ましてジャズだの、ロックだの...そもそもが、英語圏で産まれた音楽です。

正しい情報やアイディア、ノウハウを知る事が、余計な回り道や無駄な努力をしなくても良い方法だと思います。

所詮言語、されど言語ですね。

posted by ハロハロ at 12:31| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

アナログな「電化メルドー」!

メルドー先生と言えば、僕は「ザ、ピアノトリオ!!」のイメージでしたが、何と今回はドラムとのDUO!!
それも何ともアナログなセットです。

メルドー先生は、今までも「お古いスタンダード曲を、お古く」演奏する事もなく、色々な試みに取り組んで来た人ですし、ピアノトリオの形態を変えた人であると予々リクペクトしていましたが、遂にここまで!という感じです。

今のご時世、何でも打ち込みで出来るところを「わざわざ手弾き」で、シンセやローズピアノ弾いています。
シンセも、音色やエフェクトなどを演奏中に変化させる事が可能な「つまみのついたもの」を使っていますね。

左側にベース用のシンセ、右側にメロディー用のローズピアノ、その上にコード用のシンセ、背面にアップライトピアノ...と、何ともアナログな電化セットで、興味深いところです。



ドラムのマーク先生も、メチャクチャ良いですね!
「今のドラム」を叩いてます。

勿論メルドー先生も、かなり上手い事やっています。
影響されやすい僕は、早速ローズピアノとシンセでアナログっぽい音で遊んでします。

やはり音楽で大切な事は、テクニックでも理論でもなく最後は「アイディアや閃き」だと痛感した次第です。
要するに、テクニックや理論的な裏付けなどは当たり前の事で、それらを如何に活かして「自分の音楽を創造するか?」という事が大切であるという意味です。

posted by ハロハロ at 12:23| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

FOLI (there is no movement without rhythm)

久々の動画の紹介です。
ヤヒロさんからの宿題で、色々とアフリカのリズムの事を調べていて偶然見つけたものです。

特に、後半のダンスは圧巻ですね!!

思わず、ニヤニヤ...


FOLI (there is no movement without rhythm) original version by Thomas Roebers and Floris Leeuwenberg



Dedicated to the people of Baro. Please share.

Life has a rhythm, it's constantly moving.
The word for rhythm ( used by the Malinke tribes ) is FOLI.
It is a word that encompasses so much more than drumming, dancing or sound.
It's found in every part of daily life.
In this film you not only hear and feel rhythm but you see it.
It's an extraordinary blend of image and sound that
feeds the senses and reminds us all
how essential it is.


By the brothers Thomas Roebers and Floris Leeuwenberg
Film crew during one month in Baro, Guinee Afrika.

Beautiful sound recording and sound design Bjorn Warning
Translator and Rhythm specialist Thomas Bonenkamp

With special thanks to the chief:
DJEMBEFOLA |: Mansa Camio
info@thomasroebers.com

posted by ハロハロ at 17:45| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

やはり、Mehldau...

2006年のメルドーのトリオです。

彼のピアノは独特ですね。
実は...結構好きです。



彼の右手と左手は、完全にシンクロしているというか、分離しているというか...
所謂、過去の「ジャズピアノのスタイル」を、完全に陳腐化してしまいましたね。

彼のピアノの音も独特ですね。

多分、人によって好き嫌いがはっきり分かれるように思いますが、ジャズはそれ位の方が良いのだと思います。

posted by ハロハロ at 01:54| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

Footprints!!

やはり、ショーターバンドですね。
「変幻自在」とは、正にこの事ですね...

ショーターがソロの途中で色々と試してるのかなぁ...という感じで、なかなか面白いですね。
ダニーロも、弾きまくってますね...



やはりこのバンドが自分には一番ですが、残念ながら日本には来てくれません。
お客さん入らないのかなぁ...

posted by ハロハロ at 20:15| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

ハンコックの「Footprints」

1988年のハンコックカルテットです。
ちょっと珍しいメンバーですね。
ショーターの「フットプリンツ」やってます。

ハンコックが色々と「斬新な解釈」をしていますので、参考になると思います。
結局は、その人オリジナルの「発想」とか「アイディア」なんですね...

要は、それが思いつくか思いつかないか?なんですね。
こればっかりは、どれだけお勉強しても練習しても無理な訳で...天才の天才たる所以ですね。



13th Jazz Festival Hamburg/Germany, 23rd October 1988

Herbie Hancock - Piano
Greg Osby - Soprano & Alto Sax
Buster Williams - Bass
Al Foster - Drums

posted by ハロハロ at 07:42| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

ジャズのタイム感

もうそろそろ「リタイア」に向けて、色々と準備しようかな...と思っていたのですが、年末に向けてヤヒロさんとのデュオがどうやら現実化しそうなので、またまた音楽の事を色々と考える事にしました。

どうやら僕の場合、音楽から離れようとすると必ず誰かが引き止めに来てくれるようです。
まあ嬉しくもあり、迷惑でもあり...

ヤヒロさんから「とにかく曲を作って!!」という極秘指令が出たので、困ったなあ...と思いつつ、どんな事を二人でやると面白いかなぁ...と色々と考え始めた処です。

そんなこんなで、例によってYoutubeを色々観ていると...

発見しました!!

ガレスピーのUnited Nations Orchestraによる「チュニジアの夜」です。
正に「モンスターバンド」です!

特に、管楽器部隊は凄いですねぇ。
それぞれがリーダー格のメンバーです...よくぞここまでのメンバーが集まったと思います。
おやっ、クラウディオも居ますね。

Arturo Sandoval (solo) - Trumpet and Cornet
Claudio Roditi (solo) - Trumpet
James Moody (solo) - Alto Saxophone
Paquito D'Rivera - Alto Saxophone
Mario Rivera - Tenor Saxophone
Slide Hampton - Trombone
Steve Turre - Bass Trombone
Danilo Perez - Piano
Ed Cherry - Guitar
John Lee (solo) - Bass
Giovanni Hidalgo - Congas
Airto Moreira - Percussion
Ignacio Berroa - Drums




とにかく、このバンドのグルーブは凄い!!
一拍毎に強烈なエッジがあるにも関わらず、全体にとても滑らかです。
ベースがエレベなのに、強烈に「ウネウネ」しています...

5分40秒過ぎからのクラウディオのソロ、ひときわ壮絶ですね。
「そう来るか!?」というソロの入り方もさる事ながら、この強烈なタイム感は彼ならではのものですね。

コーラスのAの部分の2コードの解釈も、クラウディオらしくなくて面白いですね。
テンションとリリースの関係を、意図的に伝統的な解釈の「逆」に持って来ています。

なるほど、なるほど...

それにしても...フレーズをググッと縮めたり、逆に伸ばしたり...
この人は「タイム」を、自由自在に操る事が出来ますね。

ソロの流れの作り方も、お見事!!です。
バックのリズム隊のメンバーを上手く乗せて、バンドが一体となってグルーブしています。
勿論、バックのメンバーのレスポンスも速いです。

これは、とても大切な事です。

自己完結や「独り言のようなソロ」は本当に意味がなく、一緒に演奏していても退屈極まりないものです。
お互いが生身でぶつかり合うところに、もの凄いエネルギーが産まれて来る訳です。
それが、本来の音楽の持つ「不思議な力」になる訳です。

実はその昔、クラウディオとニューヨークでレコーディングする機会を得ましたが、その時も強烈でした。
一言で云えば「一拍の長さが致命的に違う」事を痛感しました。
未だに、その時の衝撃や感触をしっかり覚えています。

心優しい彼は...何故か僕のピアノを大変気に入ってくれたらしく、その事をギレーン(ギレルミ・フランコ)が我が事のように喜んで僕に伝えてくれた事は、一生忘れない思い出の一つになっています。

ギレーンとはレコーディングの他に、ニューヨークとサンフランシスコでライブをやりましたが、勿論ギレーンも凄かった!!
あのクラスの人達は、同じ人間ではありませんね。

いつの日か再会したいと...

posted by ハロハロ at 06:17| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

マイルスの枯葉

1964年当時の最先端の「枯葉」です。

ショーター先生、スーパーインポーズしまくりです...
1コーラス目のソロのサビ...思わず笑ってしまいますね!

う〜ん...そうくるか...そして、そこまで引っ張るか!!

ははは...

やはり個人的には、この辺りからドンドン崩れて「ギョイン化」してくるので、一番面白い時代です。



ところで、スクールでも相変わらずスーパーインポーズ枯葉をやっています。
また機会があれば、アップしようと思います。


posted by ハロハロ at 22:49| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

至福の瞬間

テクニックや知識を超えた処に、本当の音楽があるのでしょう。

1993年のジャレットのトリオです。
ピーコックの表情がたまらないですね。



テーマ後の、ジャレットのソロの切り込み方...尋常ではありませんね。

ところで...

今年も、ジャレットは日本に来てくれますね。

もちろん、また行きます!!

posted by ハロハロ at 17:03| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

Bill Evans - The Creative Process and Self-Teaching

約20年程前にリリースされたものです。
エバンスとその実のお兄さんとの会話です。

大切な事を、沢山話してくれています。
とても知的でスマート!!










↓実は、これがオリジナル...




↓これはおまけ...1965年の、イギリスBBCでのスタジオライブ!




やはり、ジャズピアノは「エバンスに始まり、エバンスに終わる」...と思います。

「ジャズを教える事」に関しても、とっても明快に述べています。
そうなんですね、スタイルを教えても意味がないんですね。

ましてフレーズを覚えて、それを適当に並べる事など...全く無意味な事ですね。
しかし...教えてる先生?自身がそのような演奏をしている場合がとても多いのは、本当に嘆かわしい...

何も産み出していない...

教育とは、あくまでも「本人自らが発見する為の、きっかけを提供する事」なんですね...
その為には、物事の本質や原理原則、考え方や捉え方、そして発展や拡大の方法などを示していく事だと思います。

その上で、結局「どうしたいか?」とか「何を選ぶか?」は、やはり本人が決める事なんですね。
まずは、自分自身がたとえたどたどしくも、常にそうでありたいと...

posted by ハロハロ at 11:05| 愛知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

ツェッペリンのカシミア!!

実は、ツェッペリンの中学生の時からファンです!!
もうかれこれ40年以上になります!!
今でこそ「ジャズ!」なんて言っていますが、昔はバリバリの「ブリティッシュ系ロックおたく」でした。

名曲「カシミア」を、何と!エジプトのアンサンブルとロンドンのオーケストラと共演しています。

Led Zeppelin - Kashmir (Hossam Ramzy Ensemble & London Metropolitan Orchestra)


これは感動ものです!!
アレンジも素晴らしい!!

それにしても...ジミーページが、これだけのアレンジを完璧に暗譜しているのに驚きです!!

posted by ハロハロ at 04:31| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

Carmen Paris!!

Carmen Parisです。
http://www.carmenparis.net/

英語圏以外の音楽は、普段ブラジル音楽くらいしか耳にしませんが...
いわゆる「ラテン系音楽」とでも言いましょうか、もの凄い深いものがあります。




このCarmen Paris、やたらカッコいいですね。
間奏のスパニッシュギターも凄いです!!

土着系の音楽が好きなので、この手の音楽はたまりません!





基本スペイン系なのでしょうが、アラブっぽいというかイスラムっぽくもあります。

色々な国に行って、色々なものを観たり聴いたり、感じてみたいですね。


24319_396991354084_229445659084_4898144_7138399_n.jpg

posted by ハロハロ at 11:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

Aung San Suu Kyi

ショーターバンドです。
やはり、このメンバーが一番しっくり行きます。

wayne shorter quartet - aung san suu kyi


このバンドは、永遠の目標ですね。

一切の妥協なく、その道を究める...その姿勢が素晴らしい!!

posted by ハロハロ at 23:57| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

プーさん。

菊地雅章氏こと、プーさんです。
1939年生まれですから、もう70過ぎ?

マイルスとも共演した、数少ない日本人です。
http://www.cyborg.ne.jp/~poo-sun/index.html




自分を確立したいんだ!とか、僕はどこにでも行けるよ!

自分のものだと信じられる音楽を産み出したいんだ...それを探しているんだ..

とか...

実は、昔からのアイドルです。
未だに前進しようとしています。

これこそ音楽家のあるべき姿だと...

bnfm.gif


posted by ハロハロ at 07:07| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

テリ姐さんのプロジェクト

テリ姐さんの「モザイクプロジェクト」です。
全員バカウマです!!
ハンコック直系のピアニストの姐さんも上手いですね。

THE MOSAIC PROJECT


リズム隊は、とにかく最強!

ベースのエスペランザ姐さん、ピアノソロのバックでの「ピークへの持って行き方」は凄い!!
これをやられたらタマランでしょうね...

テリ姐さんは叩きっぱなし!!
貫禄十分ですね...



posted by ハロハロ at 16:19| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

これぞ、ブラジリアン・グルーブ!!

画質は悪いのですが...「ジョアン・ボスコ」です。
このバンド、特にリズム隊が好きです。

「波」の様に押し寄せて来るような、独特のグルーブですね。

João Bosco - Incompatibilidade de Gênios




posted by ハロハロ at 11:39| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

Freedom!!

明日の夜のデルタ便でハワイです。
まだ何も用意してませんが...

で、全く関係ありませんが...

フリーダムジャズダンスです。


Bobby McFerrin and Esperanza Spalding jam at the 53rd Annual GRAMMY Pre-Tel


なかなかですね...

posted by ハロハロ at 06:15| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

No Greater Love...No Greater Music!!

スタンダードも、ここまで行くと面白い...

フロントは三者三様ですが、個人的にはリーブマンがダントツではないかと...

ピアノはやはり、バイラークが良いです。
マーコヴィッツ氏は、マイルス時代のハンコックのようで、ちと古いかなぁと...

Brecker / Liebman / Lovano Live at Birdland, 12.17.99


それにしても、ブレッカーは本当に惜しいですね。
歳を重ねて、どんどん良くなったいっただけに本当に残念です。

posted by ハロハロ at 11:21| 愛知 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | お薦めの教材とか動画とか... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。