2015年01月23日

ジャズピアノ初級コースを準備中です。

現在、ジャズピアノ初級コースの準備をしています。

これは当たり前の事ですが、まずはスクールの理念に賛同して下さる方に講師をお願いしたいと思います。
そして「スクールのDNAを、きちんと継承して行って欲しい」と思います。
寄せ集めのスクールでは、良いものにはならないと考えるからです。

子供の音楽教室から数えると、もうかれこれ20年程スクールを経営していますが、やはり講師問題は一番の悩みでした。
今現在は、子供の音楽教室の講師は安定していますが、一時期は本当に大変でした。

また20代の時には、某大手楽器メーカーのポピュラースクールの立ち上げにも関わりましたが、やはりその時も一番は講師問題でした。
勿論お互いに生身の人間ですから、その難しさは当然と言えば当然ですし、それならば僕自身が講師育成を行う事が一番!と考えました。

事実、現在開講中のサックス初級コースの後藤講師も、元々はスクール開講当初からの僕の生徒です。
またライブやコンサートで、一緒に演奏もしています。
http://jazz-nation.seesaa.net/category/6000209-1.html

また彼女のレッスンに対して、今でも色々な形でバックアップしたり、時には僕も彼女のレッスンに参加してピアノを弾いたりもしています。
これは生徒さんにとっても良い事でしょうし、若い講師によっても一種のOJTにもなります。
随分、色々な「レッスンネタ」をパクられています。

という事で...

現在修行中の、古田@講師見習いからのメッセージです。
(原文をそのまま掲載します)

=====================================

スクールに通い始めて8〜9年、井上先生から、jazz piano 初級コースをやってみたら、と提案していただきました。
 
はい、やります!と、即答したものの、あっという間に気づけば2年、コース立ち上げにはまだ至ってはおりません・・・。今はレッスンに通い、一日でも早い講師デビューを!と、具体的なレッスン方法や心構えを教わっている日々です。
私にできるレッスンはどんな形だろう、と、妄想を膨らませています。思ったことを書きたいと思います。

多分、私は音楽を修得するのがとても遅いです。また、プレッシャーにとても弱く、本番はとても緊張してしまいます。その上マイナス思考なので、いつも先生からは「事実は変わらないのだから、持っていないものを見るのではなく、出来るようになったことを考えなさい」と言われます。

確かに・・・!!!目に見えたり、合格ラインがあるものではないのでわかりにくいですが、でも、なにか手応えを感じた事は何度かあります。そのときのうれしさは、ずーっと覚えています。

このような性格上、初級の生徒さんの気持ちがよくわかると思います。本当に少しづつ少しづつ、前に出来なかったことが出来るようになり、かと思えばまた元に戻ってしまったり、絶対に私には無理だ、と思っていた事が急にできたり、前に心に残っていたけど、その時は諦めたのに、急に思い出してやってみたり、、、。

本当に、出来ない事を数えればキリがなく、思わず焦りそうになるのですが、焦っても何も解決しません。急がば回れ、でしょうか。

習い始めてから、そのときのレベルによっていろいろな事を教えていただきましたが、
jazzの楽しさは、一緒に他の人と音を出す事、モノマネではない、借り物ではない自分の音楽を演奏すること、というこのスクールの理念はずっと変わっていません。

私もレッスンで、表面上何かの曲をコピーして、即席でまねしてみると、すぐにばれます。本当に恐ろしいです。そのときには、自分でも自覚があるのですが、まさかこんなに簡単に見破られるとは。。。という感じです。多分、考えている事がバレバレだと思います。

そんな事を考えていると、確かに出来ない事はたくさんありすぎるけど、もっと出来る事もあるはずだ、と、義務感ではなく、やりたい!!という気持ちに自然になります。勝手に出来ない、と決めつけていることがたくさんあるのです。それに、本当に少しずつ、あ、何かわかった、と思う事が、とてもうれしいからです。

だから、これからも続けて、簡単に真似して得られるものではなく、これなのです!!と言える何かを、探し続けようと思います。

古田 祐子

posted by ハロハロ at 08:49| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズピアノ初級レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。