2014年08月05日

ジャズの習得(1)

ブログ復活に当たり、まずは「ジャズの習得」に関して色々と思う事を書いて行こうと思います。

例えばジャズのように「書き譜ではない音楽」の世界においては、やはり「その日、その時、その場所で、その人と、ニ度と再現出来ない音の世界を創り出す事」が、楽しいのだと思います。

その為には、お互いを信頼し、リスペクトし、決して一人では出来得ない世界を一緒に創り上げて行く事ですね。
誰かが誰かを支配したりするのではなく、あくまでも全員がイコールの立場で、お互いのアイディアを持ち寄り…というスタンスがとっても重要であると考えます。

このスクールにおいても、出来る限りその楽しさをお伝えし、実際に体験していただき、そして習得していただきたいと思います。

モノマネではなく、借り物ではなく…例えそれが、たどたどしいものであったとしてもです。
方向さえ正しければ、後はそれぞれの方の事情の許す範囲で、少しずつ前進して行かれれば良いと思います。

では、どうすればそれを習得出来るのか?
またスクールでは、その習得の為にどのようなレッスンをやっているのか?

そんなこんなを次回以降、あれこれと書いて行きたいと思います。


??-1.jpeg

◆今秋主宰するリサイタル「音楽のエロス5」でご一緒する、梅津さんです!
https://www.facebook.com/events/344797722332002/

posted by ハロハロ at 14:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。