2014年08月04日

久々に復活します。

約10ヶ月ぶりのご無沙汰です。
スクールは健在です、ボチボチやっています。

ここ最近は、フェイスブックページが中心となっていました。
と言っても、スクールのフェイスブックページはまだ作成していません。
近々には作成する予定です。

という事で、このブログでもアレコレと情報を更新して行こうと思います。

また開講コースも増やそうと思い、まずは第一弾で伝説の?ヴォーカリストである「植田ひとみ」さんをお迎えして、ヴォーカルコースを近々開設しようと思います。

今更ながら、プロフィールです。

◆植田ひとみ
名古屋で活躍する女性ジャズヴォーカリストのクィーンともいえる植田ひとみが、久しぶりにニューアルバム「After Today アフタートゥデイ」を発売しました。
CD発売記念として、名古屋を起点として愛知県各ライブハウス 北陸、関西圏のツアーを展開中。
また昨年11月フランスで開催される「リモージュジャズフェスティバル」に出演決定し、名古屋の古くからのジャズファンから、多くの期待が寄せられ応援されている。

10696600.170x170-75.jpg
https://itunes.apple.com/jp/album/after-today/id691801447

植田ひとみは15歳のころ、ピアノのレッスンを受けている際、先生からジャズ向きのハスキーな声に目を向けられ、「歌ってみないか!」の一言でこの道に。
その後メキメキと頭角を現し、名古屋のビッグバンドと関わりを持ち、ジャズヴォーカリストとして不動の地位を獲得。
一時、上京して「宮間利之とニューハード」の専属歌手にもなり、ジャズの専門誌の人気投票では「日本で五本の指に入る女性ヴォーカリスト」と評価されることもありました。
この間、テイチクレコードからシングル、スリーブラインドマイスレコード、東芝EMIレコードからLPなどを出し、各テレビなどにも出演しましたが、ニューハードとの契約を終わって名古屋へ。

植田ひとみの素晴らしさは、その歌唱力。特にスキャットは、当時のジャズ評論家・いソノてルヲが絶賛したテクニック。
名古屋では、ラテンクォーター等ライブなどで地道なジャズ活動を行いつつ、「花博覧会」「デザイン博」「名古屋城祭り」等々にも出演し、名古屋のジャズファンに植田ひとみ健在と、相変わらずの人気を博しています。

現在、名古屋や愛知各地のジャズライブ店などで定期的に出演しているほか、未来のヴォーカリストを目指す方々にレッスンをしている。また名古屋芸術大学の非常勤講師として、後進の指導に当たっています。

hitomi2.gif
posted by ハロハロ at 10:00| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403160555
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。