2013年07月19日

次回のライブ&ジャム

明後日21日は、スクールにて恒例の「ライブ&ジャム」です。
何と、27回目のようです!!
100回は無理でも、50回くらいまではやりたいですね。

「ライブ&ジャム」とは、要はスクールの「発表会」の事ですが「堅苦しくなく、皆で楽しめるように」と思い「ライブ&ジャム」としました。
ジャズのように皆で音を出す類いの音楽の場合、アンサンブルの機会が沢山あった方が良いですね。

という事もあり、「ライブ&ジャム」は毎年4〜5回のペースで開催しています。
昔はスターアイズなど外部のライブハウスを借りていましたが、最近はもっぱらスクールで極々内輪で開催しています。

僕は今でこそ「ヘンテコ」な音楽をやっていますが、スクールの「ライブ&ジャム」ではジャズの作法に基づいた「伝統的なスタンダード」が中心です。
とは言えギョイン愛好家の多いスクールなので、今回も「処女航海」「Speak No Evil」「Fee-Fi-Fo-Fum」「Nardis」など普通に入ってます。

他には「酒バラ」「サテンドール」「ブルーボッサ」「アナザーユー」「瞳を閉じて」「愚かなる我が心」「ブルース」などなど...朱玉のスタンダードです。

当日は1時頃から順番にそれぞれ打ち合わせ・音合わせを行い、3時頃本番スタートの予定です。
ジャムセッションも「ソフトリー」「カンタロープ」などをやります。

あっ、あとセッションでも「ブルース」は必須ですね。
やはりジャズは「ブルースに始まり、ブルースに終わる」だと思います。

決して僕自身、スタンダードが嫌いな訳でも、まして否定している訳でもありません。
人前でお金を頂いて演奏する限りにおいては、借り物やモノマネではなく「自分の音楽」を演奏するべきと思っているだけの事です。
だからといって「身勝手でインチキやデタラメな音楽」で良い訳はなく、あくまでも「ジャズの伝統と革新」に基づいたものでありたいと思います。

この話は長くなるので、また後日改めて...

ともあれ「ライブ&ジャム」は「唯一!」と言っても良い程、僕にとってもスタンダードを演奏出来る「数少ない」機会です。

尚スクールでの「ライブ&ジャム」は、スペースの関係上「身内限定」のクローズな会ですが、10月27日(日)には「音楽のエロス4」の一環として「ライブ&ジャム スペシャル」を予定しています。
入場無料ですので、興味のある方はお出かけ下さい。

posted by ハロハロ at 09:49| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ&ジャム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。