2013年09月22日

HOW TO PLAY JAZZ

知る人ぞ知る...Jerry Bergonzi先生のDVDの一部。
随分、白髪が増えましたね...

うん!これは、とても良い練習方法ですね。
「最初は8分音符でね!」と云いつつ、上がったり、下がったり...色々なパターンでフレーズを作る練習になります。

このような練習を繰り返して、まずは慣れて行く事ですね。
そして次に、それらを色々と組み合わせていけば、結構それだけでソロ!という感じになりますね。

良くジャズはフィーリング!とか言いますが、このような「ロジカルな思考回路」が背景にきちんとあってのフィーリングだと思います。



posted by ハロハロ at 13:22| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

飯沼先生のアンサンブルレッスン

いつもスクールのライブ&ジャムなどでお世話になっている、ベースの飯沼先生のアンサンブルレッスンを以下の日程にて行います。

特に10月27日(日)に、千種文化小劇場において開催される「ライブ&ジャム・スペシャル」参加予定の方は、是非ご参加いただければと思います。

9月29日(日)午後〜夕方頃
10月13日(日)基本午後〜夕方(ご希望あれば、夜も対応します)
10月14日(月)基本午後〜夕方(ご希望あれば、午前中も対応します)

スクールの生徒さんには、順次ご案内させていただきます。

【スクール関係者以外の方へ】
「ライブ&ジャムスペシャル」では、ジャムセッションも予定しています。
スクール関係者以外の方の、ジャムセッションのみの参加も可能です。

詳しくはお問い合わせ下さい。ainoue0225@gmail.com

↓飯沼先生、近影(Tokuzoにて)
1176320_443733465745983_1172814494_n.jpg

posted by ハロハロ at 01:23| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アンサンブルレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

とても有り難く、とても嬉しい事

FBに投稿した記事ですが、見れない方の為にこのブログにも転記しておきますね。

=================================

かれこれ15年以上の付き合いになる、某ドラマーのA氏が昨日の「JAZZ&COOK」にわざわざ足を運んでくれました。
http://eros2.seesaa.net/
僕と同じ歳で、同世代で生き残っている数少ないミュージシャンの1人です。

20代の時に僕は名古屋で、彼は福岡で「バンドマン修行」を経験しています。いわゆる「下積み」とか「叩き上げ」というやつです。

今考えると、この「下積み」の経験は何よりも貴重なものですね。
プロとしての「一番の基礎の部分」を徹底的に叩き込まれます。昔のジャズ関係は、基本的に「体育会系」なので相当厳しかったです。

どの世界も同じだと思いますが「若い時の下積みの有無」は、その後の人生において決定的な違いに繋がりますね。

そのA氏とは、最近は一緒に演奏はしていませんが、以前は良く一緒でした。一言で言えば、昔堅気のアクの強い人です。

一緒に演奏しなくなると普通は疎遠になるものですが、彼はその後もナンダカンダと演奏を聴きに来てくれたり、一緒にお茶をしたり...という関係が続いています。

「かなりの変人」ではありますが、耳は確かです。
毎回演奏を聴きに来てくれた後は、的確な批評をしてくれます。

またエルビンやエバンスなどの話になると、とたんに饒舌になり止まらなくなります。本当に、心底ジャズが好きなんですね。

で、昨日も突然ふらっとやって来て「演奏だけ聴かせて!」と。

そして案の定、今日の午前中にメールが届き、昼から「名古屋人の心のオアシス!」コメダコーヒーでお茶して来ました。

ははは、やっぱり鋭いですね。
全てをお見通しでした!!

時には「耳に痛い事」も言ってくるので腹立つ事もありますが、このように忌憚なく的確にものを言ってくれる人の存在は、実はとても有り難いものです。

お互い目指す音楽や生き方は違いますが、いつまでも頑張ってもらいたいと思います。


posted by ハロハロ at 22:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。