2013年05月31日

近況報告2

もう5月も終わりですね。
何ともバタバタしていて、なかなかブログの更新が出来ずに居ましたが、何とか生きています。

まずは、今年の10月後半に開催予定の「音楽のエロス」コンサート。
昨年は体調不良により開催出来ませんでしたが、今年は頑張ります。

そのプロモを兼ねての「ミニライブ」を、来月14日金曜日の夜にやります。
以前のEVPレコーディングやピットインライブなどでお世話になった、パーカッションのヤヒロさんとのデュオです。

当日の午後から二人でリハーサルをやり、その「出来立て」をライブでやります。
何せピアノとパーカッションという変則的な編成なので、一体どうなる事やら?という感じです。

恐らく「ヘンテコな音楽」になると思います。
ライブは、夜の7時か7時半頃から教室にて1時間程、終了後に軽く打ち上げなどをやろうと思っています。

また先日、今池にある「Tokuzo」というノンジャンルのライブハウスからオファーをいただきましたので、打ち合わせを兼ねてお店に行って来ました。
集客や宣伝に力を入れており、なかなかユニークな活動をされている事から、一度お世話になる事にしました。

ちょっと先ですが、9月12日(木)に「電化ハロハロ」でライブをやります。
色々なコラボやシェアが出来そうで、楽しみです。

僕自身目指すものが、今や完全に「普通のジャズ」からは逸脱しているので、むしろノンジャンルのお店の方が良いのかも知れません。
勿論「革新と伝統」というような、所謂「ジャズの精神」はきちんと受け継いで行きたいと思います。

教室の発表会である「ライブ&ジャム」は、7月21日(日)にやります。
また10月の「音楽のエロス」の一環として、会場を千種文化小劇場に移して「ライブ&ジャムスペシャル」をやります。
10月の27日、日曜日です。

「音楽のエロス」チケットは、6月より関係者限定の先行販売を開始します。
因みに一般は、8月頃からローソンチケットなどで販売する予定です。

それまでに専用のブログを開設し、10月本番までの進捗状況を適時アップしていきます。
フライヤーも7月末頃には完成の予定ですし、リハーサルやミニライブも随時やっていきます。

posted by ハロハロ at 12:45| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

近況報告

ようやくマンションの大規模工事も一段落し、以前の生活に戻りつつあります。

歯医者さんも、ちゃんと毎週通っています。
良い機会...というよりも、ほぼ最後の機会と思い、散歩を兼ねて。
全部を治すには、多分何年もかかるでしょう。

また「パレオダイエット」も、日々、鋭意前向きに研究中です。
米、小麦、豆、乳製品などは避けるべき食品なので、肉・魚・卵、野菜、フルーツ、ナッツ中心の食事となります。

しかし、まだまだこの方法がベストかどうかは分かりません。
ネットは色々と簡単に調べられるので便利なのですが、とりわけこの手の情報は玉石混交なので困ります。
故に、当面は「人体実験の日々」です。

実際に毎日の事となると、飽きないようにメニューを考えるだけで結構大変ですね。
味付けも塩、胡椒だけではなく、スパイス・ハーブを色々と試しています。
主婦の方々のご苦労...良く分かります。

そんな中、たまたま見つけたのが、Gordon Ramsay氏の映像です。
かなり有名なシェフで、コンラッド東京に彼のレストランがあるそうです。



ほほっ、イイ感じです!!

時々、仰天するようなテクニックやアイディアを使ったりしていますね。
色々と真似しながら、トライ&エラーしています。

で、結局は料理も音楽も一緒なんですね。
色々な人の色々な知恵や工夫から学び、トライ&エラーを繰り返して自分の感性や経験値を上げて行く訳ですね。
ああして、こうしてとか、あっち行って、こっち行ってとか...様々試行錯誤が楽しい訳です。

という訳で、その肝心の音楽ですが...

先日、とある名古屋のライブハウス(ジャズ専用のお店ではありません)から、出演のオファーをいただきました。
10月の「音楽のエロス4」コンサートとうまくリンク出来ればと、画策しています。
色々なジャンルの方々に楽しんでいただきたい、知っていただきたいので、とても良い機会だと思っています。

平行して、夏前頃からスクールなどでもミニライブを予定していますので、リハーサル等も含め10月までの諸々のスケジュールをそろそろ決めて行きます。

バンドで演奏する立場においては、目指すは「美しい不協和音溢れる、ギョインな今ジャズ」です。
他方、スクールで教える立場においては、自らが学んだ事や体験した事、習得した事などを、皆さんに還元したり、シェアしたり出来れば良いと思っています。

キーワードは「ジャズの伝統と革新」ですね。

苦節35年(というよりも、何となくボーと35年)を経て、ようやく「やりたい世界」とか「進むべき道のようなもの」が、見えて来た感じです。

何をするにせよ、まずは「たどたどしくも、自分の言葉で喋る事」だと思います。
そしてその「たどたどしさ」は様々な学びや経験によって洗練され、更には極められて行く事でしょう。

おおっ!
あれこれ書いているうちに「眠っていたジャズ脳」が、多少活性化されてきたみたいです。


追伸:

昨日は長年やっているギョインバンド「ハロハロ」のメンバーでもある、ベースの飯沼先生とサックスのむっちゃんに、僕のリハビリ(リハーサルではありません!)の為に、20〜30分程、一緒に遊んでもらいました。

お陰で?僕の「ジャズ脳」は5%程増えたようです。
結構面白かったので、そのレポートはまた近日中に...

posted by ハロハロ at 04:15| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ハロハロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。